PC2machines.jpg
PC101(左)PC301(右)
PC301.jpg
ラッシュトリミング用ベース

どちらも軸径1/4"の固定ベースルータである。左がPC101,右がPC301(固定ベースはフラッシュトリミング用のshopmadeのものに取り替えて使っている状態)。

PC301はラミネートトリマー(板に表面材を圧着したあとにエッジを整形カットすること)と呼ばれるが、ラミネートトリミング以外の用途にも普通に使える。国内では、6mm軸径以下のルータをトリマーと呼んでいるが、トリマーの呼称は日米では異なっている。

写真の2機種の違いはパワーと重量で、PC301トリマーの方は片手で使う軽作業、PC101は両手で使う軽作業用となる。モータの回転数は可変でなく固定でソフトスタート(スイッチを入れると回転数が徐々に上がる)ではない。米国ではPortarCableのブッシュピンスタイルなどはdefact standard(業界標準)となっている。

これらはあれば便利なものだが、1/4"の軸径であることを考えると、1/2”の固定ベースルータに1/4”のコレットを取り付ければすむことなので、両方備えておくべきものではない。どちらかと言えば、片手作業ができるトリマーの方が重宝すると思う。


トップへ


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-04-28 (火) 13:53:10 (4966d)