次は、T型スロット溝(groove)の中を滑るにスライダー取りかかる。このスライダーはメープルでつくる。スライダーを造る手順は図に示したように、まず、厚さを調節し、第一段階ではルーターテーブルを用いて深さの半分まで両端をカットし、次はテーブルソーでリップカット(縦方向へのカッティング)する。このとき、寸法の厚さ方向には十分な注意を払う。仮に厚いとスライダーが溝からはみ出すので、むしろ薄めに仕上げる。

trammelJIg2B.jpg
切削概念図
IMG_0837.jpg
ルーターテーブルで切削


寸法がぴたりとは決まらなかったので、つまりきつかったので、Veritas製ショルダープレーン(一種の際(きわ)ガンナ)と通常の鉋で仕上げた

IMG_0839.jpg
真ん中がショルダープレーン


つづいて、穴を何カ所かにあける。まずは、ねじ径5mm用の爪つきTナットである。爪つきTナットはスロット溝の上に来るので、11/16"のforstner bit(日本語ではウェーブカッターか)でTの厚み分だけ(Tという文字の横棒の厚み)とりあえず掘る。

IMG_0841.jpg
forstner bit


次に、7.5mmのドリルで少しだけくびれたところを掘り、最後に6.5mmドリルで貫通させる。

IMG_0843.jpg
6.5mmドリルで貫通


これらを横断面でみると図の通りである。図では爪つきTナットが既に入っている

trammelJig2C.jpg
6.5mmドリルで貫通


続いて、ルータの中心に来る穴を掘るのだが、「Router Magic」では2 1/16"が薦められている。なぜそのサイズになるかは不明だが、それほど大きな穴は不要と考えたので、というか2 1/16"のforstner bitがなかったので、35mmの穴にした。

IMG_0845.jpg
φ35mm


これで穴を開ける作業は、円形治具をルーターに取り付けるところだけになった。この作業は省略するがデウォルト618PK(固定ベースの取り付けねじに一工夫)を参考にしてほしい。

次は、円形治具の斜めの線の切断である。これにも写真のような治具を用いたが、こんな複雑な治具でなくても構わない。下の図に示したような治具で十分である。また治具を使わなくても、胴つき鋸と鉋でも十分である。

IMG_0847.jpg
治具の斜めの線の切断
shearCutJig.jpg
簡単な斜めぎり治具

続く


トップへ


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-06-25 (木) 15:11:07 (4908d)