さて、今回からルーター加工である。部材のところで話しておけばよかったのだが、試し加工の脚材と梁材(leg材とstyle材とここでは呼びたい)が1 本ずつ必要である。部材の長さはplanどおりでなくても構わない。厚みだけが大事でこれはplan通りでなければならない。

ここで使用する治具は、ほぞ穴加工治具その2である。

まず、leg材からスタートする。ここで用いるのは、3/8"のスパイラルアップカットビット唯1本である。

試し加工のleg材をセットする。セットしたleg材のぎりぎりのところまで、スパイラルビットを落とし、けがき線に沿って試しぎりを行う。深さは浅くて構わない。2度から3度ほど試せばよいのだが、これは人によって違うでしょう。何度でも行いたい人はどうぞ。

IMG_0998.jpg
試し切削を行った
IMG_1005.jpg
右手に見えるのがストッパー
IMG_1003.jpg
試し切削加工に使った写真とこのルーターの
写真は縦横が直行しているので
注意してほしい、赤い線方向には
動かないので、ルーターが3/8"の幅で
固定されている。青い線方向には自由に動かせる。
IMG_1007.jpg
これは全体を下からみたところ


さて、ほぞ穴は左右の中心には来ておらず、どちらかに寄っている。したがって、4本が終わったら、左右を変えてルーター加工を行う必要がある。そのために、再び試し切削を行う。しかし、ここで行う試し切削加工は、左右に動く距離については変えなくてもよいので、ほぞ穴のスタート位置だけを切削すればよい。これも何度か行い、ちょうどよい場所に切削位置がきたなら終了となる。

IMG_1011.jpg
先に開けたほぞ穴(写真下方)に円形の
穴(写真上方)が一致したら終了


leg材が完成した。

IMG_1013.jpg
leg材完成


次回は、Style材である。

つづく


トップへ


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-07-02 (木) 14:56:16 (4901d)