手のひらサイズの羽子板をシナ合板で作ってほしいと友人からの注文があった。しかも200個。斜めに切るのは卓上まるのこ(マイターソー)で簡単だが、問題はちょっとくびれたところ、これはルーターを用い、それ専用の治具に頼るしかない。

IMG_0569.jpg
完成図


1時間ほど考えた。出来上がりは頭の中にあるので、設計図はひかない。

用意するものは、余っていた9mmのバーチ合板300mm×300mm。シナ合板でもできる。

IMG_0557.jpg
バーチ合板


まず、羽子板の原図をスプレーのり3M55で、ちょうどきわに貼り付ける。

IMG_0558.jpg
原図を貼り付ける


これをRubber Sanding Drumで削り取る。25 Piece Rubber Sanding Drum Set(Rockler製)の一番大きなサイズと、最も目の荒いサンドペーパーを使用した

20859-01-200.jpg
Rocklerから


削り取っている様子。

IMG_0562.jpg
回転型のヤスリで削り取る
IMG_0561.jpg
拡大した様子
IMG_0563.jpg
うまく削り取れた


くびれが無い一枚をセットし(これはダミー)、もう一枚のバーチ合板を両面テープで、角度には気をつけ、正確に貼り付ける。

IMG_0564.jpg
角度に気をつけて貼る


写真はQuick Set Calmpとして米国で販売されているものである。これを治具にビスで取り付けた。ビスは上下に貫通させる。

IMG_0566.jpg
Quick Set Calmp


Quick Set Calmpはいくつか買い貯めてあったので、以下の写真の一番小さいものを使用した。

IMG_0637.jpg
数種のQuick Set Calmp


滑り止めに、3Mの64mm巾研磨ブロック用ペーパー#320を貼り付けた。

IMG_0577.jpg
ペーパー#320を貼る

両側のボルト止めは、Quick Set Calmpに上向きの反力が必要なための措置である。


これで準備が整った。

IMG_0578.jpg
準備完了


Pattern Flush Trim Bitで切削すればよいのだが、刃径が1/2"では切削時間がかかりすぎる。

hagoita.jpg
Pattern Flush Trim Bitで切削
IMG_0638.jpg
1/2"では時間がかかる


そこで登場するのが、このビット、なんと刃径が1inch以上(1"1/8")もある。

IMG_0639.jpg
でっかい刃


このビットで3回ほど切削すれば、ものの30秒もかからずに出来上がってしまう。

IMG_0581.jpg
3回切削


上下を入れ替えて、1分で仕上がる。

IMG_0642.jpg
1分で完成


この治具のおかげで200枚も4時間弱で仕上がった。ただし、退屈な作業ではあるのだが…。

IMG_0643.jpg
200枚完成、ふー

トップへ


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-07-19 (日) 10:36:16 (4884d)