これはかなり昔に作った治具、ほぞ穴加工のためのものである。その昔、"Woodworking at Home Magazine" というDVDがあったことをご存じだろうか。このDVDは、米国で如何に木工がpopularなものかを知る上では大変役にたったのだが、クリスというアマチュア(?)木工家がやっている木工デザインはややB級だったのかなぁと思う。

たしか、Issue#22で廃刊(廃DVD)になってしまった。そのIssue#2にこの治具が出ていた。

この治具はとても複雑な形をしている。そのplanがこれだ。

mortiseJig3.jpg
平面図


図の緑の部分は可動式である。L字のfenceにはレールがついていて(図では見えない)上下に動く。また、もうひとつの緑は動くことは動くのだが、位置を決めたら横からのボルトを締めて固定できるようになっている。

IMG_0022b.jpg
これは緑の部品を外した状態
IMG_0026.jpg
fenceをつけてクランプした状態


下の写真の、矢印の間がちょうど3/4"になっているので、bush guideがちょうど入るようになっている。

IMG_0023b.jpg
これは幅を広く取ったところ
IMG_0024.jpg
これは幅が狭い
IMG_0025.jpg
鉛筆で軽く卦がいた様子だが
写真写りが悪かったみたいだ


fenceをクランプで木材に固定し、

IMG_0027.jpg
これは緑の部品を外した状態


bush guideをセットし、1/2"のアップカットスパイラルビットを取り付けて1/2"インチずつ掘り進める(スパイラルビットの項参照)。

IMG_0028.jpg
スパイラルビットを取り付けた


やがて切り屑が詰まって掘れなくなる。掃除機で吸い込むか、息で吹き飛ばす。

IMG_0029.jpg
切り屑が詰まる


綺麗にしたところ。

IMG_0030.jpg
掃除機で吸い込んだ


これは片方のクランプを外して、側面から見た様子。

IMG_0031.jpg
側面から


切削を終えたところ。

IMG_0032.jpg


この治具は何回か使ったのだが、 ほぞ穴加工治具その1ほぞ穴加工治具その2が出来て、結局使わなくなってしまった。このような治具は、実はまだまだあるのだ。


トップへ


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-07-18 (土) 14:50:23 (4885d)