もうひとつの西洋カンナ、Bullnose Planeについてお話ししたい。これは何度も出てきたVeritas製である。

このカンナはちょうど片手で持って使う。分解した様子が下の写真である。

IMG_0231.jpg
片手で使う


深さ調節ねじ(depth adjustment knob)を本体に載せて(載せる位置は本体側に固定できるようになっている)、

IMG_0232.jpg
まず深さ調節ねじから


その上に刃(blade)を置く。

IMG_0233.jpg
刃を載せる


刃の位置は、set screwで前後(奥行き方向)に調節可能である。この当たりがveritasの特徴である。

IMG_0234.jpg
2個のset screw


さらにその上にlever capを置いて(これはただ置くだけ)、lever cap wheelで刃を押しつけるように締める。

IMG_0236.jpg
wheelで押してようやく締め付ける


さて、このカンナには二つの使い方がある。そのひとつは普通にbullnose(牛の鼻?)planeとして使うこと。

IMG_0239.jpg
05p4201insetd.jpg
IMG_0240.jpg
この隙間は、写真には無いが
toe(つま先)ねじで調節可能である


もうひとつは、のみかんな(chisel plane)として使うことである(のみかんなは日本語には無いのではないかしら)。和かんなで「のみかんな」に相当するのが隅突鉋らしい。らしいと言ったのは使ったことがないからである。

IMG_0236b.jpg
chisel plane


僕はいつもchisel planeとして使っている。chisel planeは写真のような時にとても便利である。

IMG_0238.jpg
のみかんな

トップへ


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-07-18 (土) 15:08:44 (4885d)