前回の続き、Medium Shoulder Planeについてである。このカンナのどこが優れているかというと、際ガンナには左右両方が必要だが、これは1本で済むというはなしだった。

IMG_0033.jpg
Medium Shoulder Plane


このカンナも西洋カンナの御多分にもれず、押して使うカンナである。もちろん、私の場合は、引いても使うことができる。もともと引いて使う和ガンナに慣れているからだ。

IMG_0034.jpg
上のぽっちが右にいったり左にいったり
するのは単に持ちやすさのため、
カンナのメカニズムには関係がない


もうひとつある。このカンナの幅は45/64"(約17.86mm)である。

IMG_0036.jpg
写真の赤い矢印の間が45/64"


そして、これが西洋のカンナ身、和ガンナと比べると、これがカンナ身かと思ってしまう。そのカンナ身の幅は、カンナの幅よりわずかに大きく45/64"プラス1/128"(0.198mm)、片側で1/256"(0.099mm)大きい。

IMG_0037.jpg
カンナ身の幅がわずかに大きい


これが実にうまくできていて、際(きわ)を切削するときに丁度良い切削片を削りだしてくれる。

IMG_0039.jpg
横から見たところ、5つの部品からできている
IMG_0040.jpg
上から見たところ

トップへ


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-07-03 (金) 15:50:07 (4900d)