inlay cutting

ちぎりの初歩的な入れ方を紹介する。ここで使うビットは、Dado Clean Out Router Bitと呼ばれる物である。これを軽量のラミネートトリマーに取り付けて行う。

まず、はじめにちぎりを準備する。この場合のちぎりはX型ではなく、単純な長方形である。ちぎりは力学的には機械的な摩擦よりも、結局は接着剤で持つので、このような形状にしている。

ちぎりを入れたい場所に置き、その周辺に厚さ6mmのMDFを適当な長さに切って、隙間なく並べ、周囲をクランプで固定するか、両面テープで貼り付ける。この例の場合はクランプである。その後、ちぎりをはずす。

inlayCut.jpgIMG_0695.jpg
模式図実際


Dado Clean Out Router Bitをラミネートトリマーに取り付け、深さ1/16"(1.6mm)ずつ掘り進めればよい。

IMG_0704.jpgIMG_0698.jpg
Dado Clean Out Router Bit取り付けたところ


ちぎりの厚みと掘り進む深さがちょうど一致したら完了である。ちぎりは一旦入れてしまうともう掘り出せないので注意が必要である。そのあと、コーナー部を鑿で削って、切削が完了する。鑿で削る場合は少し深めがよい。ここが浅すぎると、ちぎりが入っていかず浮いてしまうからである。

IMG_0700.jpg
深めがよい


イエローボンドを塗布して、ちぎりを木槌で叩いて完成となる。

IMG_0702.jpg
できた

トップへ


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-05-31 (日) 06:42:04 (4933d)