router trammel

ルーターで円形に整形したいときに用いる治具である。これは、ちゃぶ台の製作に使った時のものである。円形をかたち作る仕掛けはいろいろあると思う。バンドソー(帯のこ)やジグソーも考えられるが、ここではルーター一本で作ってみたい。ちゃぶ台のような大きなものの製作には、このようなルータートラメル(楕円コンパス)が欠かせない。

IMG_0600.jpg
この写真と下の図では、治具の左右が逆に
なっているので注意して見てもらいたい


このルータートラメルは、最大で直径が60"(1,524mm)の大きな円形が整形できる。板材に9.5mmのMDFを2枚接着して用いた。リブにはナラ材を用いた。上下のリブが揃っていないのは、寸法を勘違いしたためである。この程度なら問題はない。

routerTrammel.jpg
単位はinch:1inch=25.4mm


整形する板材に穴があいてもよい場合は直接ダボを打ち込むが、そうでない場合は、ルータートラメルにルーター部を両面テープで貼り付け、ダボを打ち込んだ板材を整形する板材に両面テープで貼り付ける必要がある。

IMG_0604b.jpg


これで準備完了である。この後は、ストレートビットを用いて切削する深さを1/16"〜1/8"(1.6mm〜3.2mm)にし、反時計回りに何周も回転すればよい。

IMG_0602.jpg


IMG_0606.jpg


成型が終了したら、ルータービットをストレートビットから、CHAMFERビットやROUNDING OVERビットなど、成型用に付け替えて、形を整えればよい。これもルータートラメルで成型したおかげである。


トップへ


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-05-31 (日) 06:27:16 (4933d)