ルーターで切削するとき、板の繊維と直交する場合の切削はどうしたらいいのだろうか。これは、あまり話題として取り上げてこなかったはなしです。

ルーターテーブルで切削する方法、治具を使って切削する方法、どちらでも可能である。まずはルーターテーブルから。この方法は、簡単な治具が必要である。

IMG_1060.jpg
写真のAがテーブルトップにぶつかって
進行方向に進むようになっている
IMG_1058_2.jpg
これはビット側から見たところ


ところが、板幅が広くなってくると治具を置く場所がなくなってくる。

IMG_1061_2.jpg
治具の置き場所がない


こうなるとルーターテーブルではなく、エッジガイド治具の出番となる。下の写真は商品名MICRO FENCE EDGE-GUIDE SYSTEMである。


ただし、この治具はめっぽう高い。ルーターよりも高価である(230ドル以上)。そこで、同じような仕組みの治具を作ることにした。プランは図の通りである。図中のハッチ部分が上下に動くようになっている。

edgeGuide.jpg
平面図


まず、バーチ合板の端材を用意する。左上の穴は全く関係がなく無視してよい。上の二つは厚さが9.5mm、下は厚さ22mmである。

IMG_1014.jpg
バーチ合板を用意


これら端材を接着する。

IMG1015.jpg
タイトボンドで接着


一晩放置して、上下面、左右面を切りそろえる。

IMG1046.jpg
上下左右を切る


この治具は、既に図に示したように、ほぞ穴加工治具その1で述べたアクリル製のベースプレートに丁度合うように作ってある。図のAA'とBB'に丁度嵌合するような溝をTableSaw?で掘り、その溝の半分程度の長さのガイドを設けた(まだ接着はしていない)。

IMG_1047.jpg
ガイドと溝の接着はこれから


直径25.4mmの穴を空け(下の小さな穴は間違って空けた)、

IMG_1049.jpg
25.4mmの穴


図面通りに両端と、上部をカットする。

IMG_1050.jpg
両端と上部を切断


この写真は裏側からみたところ。Tナットが設けてある。

IMG1051.jpg
裏から見る


総額で1000円もかからなかった。

まず、ベースプレートを取り付ける。装着するビットはストレートビットである。

IMG_1052.jpg
ストレートビットを装着
IMG_1072.jpg
これはビット付近の拡大写真


さっそく切削してみよう。

IMG_1055.jpg
IMG_1063.jpg
IMG_1064_2.jpg
見やすさのためにモーターは回さなかった


切削面を見ると綺麗な仕上がりである。

IMG_1069.jpg
きれいに仕上がった


先に述べたMICRO FENCE EDGE-GUIDE SYSTEMと本治具との違いは微調整ねじを除けば、重さである。本治具は重い。両手でしっかり持ち前方に押すようにすれば、なんら問題はない。

IMG_1070_2.jpg
本治具は重い


いつも思うことなのだが、治具を作りだすまでに1日ぐらい悩み、その治具を作るのに約半日ぐらいかかり、切削するのはたったの1分である。

この治具が汎用なら仕方がないが、使い捨てだとすると実にもったいない話である。汎用と使い捨ては、僕の場合3対1ぐらいかなぁ。なお、本治具は汎用である。


トップへ


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-07-19 (日) 15:59:47 (4884d)