フラッシュトリミングベースプレート

あられ組つぎや、あり組つぎの時に、片方の板がほんのわずかだけ凸に飛び出て困ることはないだろうか。ちょうど写真のような場合である。

IMG_0686.jpg
片面が少しだけ上に凸



そんなときに、重宝するのがフラッシュトリミングベースプレートだ。これは固定ベース2機種のところで出てきたものと同じ。写真はピントが甘くて申し訳ないのだが、左の図がフラッシュトリム(もともとは写真用語で、不要な部分を取り除くという意味)の様子をよく表している。

flashtrim.jpgIMG_0689.jpg
フラッシュトリムの模式図その現物



このベースプレートもカスタムメード(自作)である。ルーターとしては、PC301のラミネートトリマーを使っていて、この本体は片手で使えるくらいに軽い。従って、曲げ剛性は全く気にしなくてかまわないので、アクリルなどは使わずに板厚9.5mmのMDFを用いて制作した。そのplanは次の通りである。

flashtrimplan.jpg
平面図と側面図



写真を何枚か載せておいた。

IMG_0692.jpgIMG_0693.jpgPC301.jpg
あちこちに穴が空いているのは使い回ししたため

トップへ


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-05-31 (日) 05:47:08 (4933d)